Latest

「忠誠、忠義」という概念

もともとは儒教の根本道徳の1つであった「忠」は、封建時代に日本独自の道徳観念としての「忠誠、忠義」となり、日本人の心の奥深くまで入り込むことになります。それは有名な忠臣蔵をご覧いただければ、すぐに理解できることでしょう。 日本的な精神が及ぼす広範囲な影響  そんな日本の精神世界は、世界的に大きな影響を及ぼしています。スロットゲームでいうなら、たとえばミスティーノカジノのみで探してみても、多くのゲームにその影響が見受けられます。「ライズ・オブ・サムライ」、「花魁ドリーム」、そして「スモウ・スピン」といったスロットが、その一例です。
Read More

マンガ・アニメ

日本を代表するカウンターカルチャー、いや今ではモダンカルチャーの代表ともいえるマンガ・アニメですが、実は80年代まではあくまで子供のもの、という評価が一般的でした。それが大人でも電車でマンガ雑誌を読めるまでに一般化したのには、1つの重要な転換点があります。 宮崎駿の登場  国民的アニメ映画監督として、今では知らない日本人はいないといってもいい宮崎駿。彼の登場こそマンガ・アニメの大衆化を促し、そしてマンガ・アニメの社会的な地位を押し上げた最大の要因といえます。彼の作品は親子揃って楽しめる内容で、美しい世界感を持ち、そしてその感動的な余韻によって、業界全体のイメージすら変えることになったのです。
Read More

日本酒の世界進出

日本の伝統的なお酒である日本酒が、現在凄まじい勢いで世界中に広がって行っています。一般的に「SAKE」といいう名前で呼ばれることが多く、その独特の風味と味わい深さがこれまで知られていなかった地域にも広がっていっているのです。その要因として、多くの起業家が世界に日本酒を広めようと、必死で活動しているというものがあります。 日本酒の伝道師たち もちろん彼らは日本酒が世界的に「売れる」という確信のもと、あくまで商売として普及をおこなっているわけですが、しかしそこには日本の素晴らしいものを海外の人にも知ってもらいたい、という思いが根底にあります。たとえば元日本代表のサッカー選手だった中田英寿氏も現在日本酒を世界へ輸出する会社を興していますが、日本中の蔵元を自身の足で巡り、本当に良いと感じたものだけを世界へと届けているのです。
Read More

東京都伝統工芸品展

次々に新しいものが生み出され、そして消えていく現代において、過去の伝統を残していくこと自体が、大変な困難を伴うことであることは言うまでもありません。だからこそ、そういった活動をおこなう必要があり、そしてこの記事で紹介する「東京都伝統工芸品展」は、まさにそれなのです。 受け継がれてきた伝統工芸の数々 公益財団法人東京都中小企業振興公社が中心となっておこなわれるこのイベントは、名前の通り、東京の伝統工芸を紹介する展覧会です。それはつまり江戸時代の日本の中心であった江戸=東京の、その伝統を紹介するという試みに他なりません。伝統の継続のため、そのための積極的なアプローチこそが、このイベントなのです。
Read More

浮世絵

浮世絵は今でこそ日本の芸術の重要な部分を占めるものと認識されていますが、その評価が決定的なものとなったのは、19世紀パリの芸術家たちに認められるようになってからといわれています。実はパリ万博に日本が出展した陶器を割れないように包んでいたのが浮世絵で、それを見つけた画家、特に印象派の画家たちがこぞって浮世絵を礼賛し、収集し始めたのです。その中には、かの有名なマネやゴッホもいたとされています。 代表的な浮世絵師  葛飾北斎 喜多川歌麿 東洲斎写楽 歌川広重 菱川 師宣
Read More